メニュー

代表 長谷川のブログ

新約聖書 『ルカによる福音書』より


磔刑 キリスト

そして人々がゴルゴダ〔髑髏〕と呼ばれている場所にやって来たとき、そこでイエスと犯罪者たちとを十字架につけた。一人を〔彼の〕右に、もう一人を〔彼の〕左に〔十字架につけた〕。

 

するとイエスは言うのであった、

 

「父〔神〕よ、彼らをゆるしてください。彼らは自分が何をしているか、わかっていないのです」。

 

〔新約聖書 『ルカによる福音書』より〕

 

 

・・・なぜ人をゆるすことが大切なのか深く考えさせられる一節です。

わたし自身の過去を振り返ってみれば、自分が愚かな行為をしていたとき、〝愚かな行為をしているという自覚〟はまったくありませんでした。後になって愚かなことをしてしまったとわかっただけです。

 

そもそも愚かな行為であるとわかっていて実行する人はそうそういないわけであって、自覚がないからやってしまうのが大半であると思います。

 

『これをやったらどうなるのか』

 

『この行為(原因)はどんな結果を招くだろうか』

 

言動・行動の前に因果の行末をよく考えれば、おのずと愚かな行為をしてしまうことも減るでしょう。

 

昔のわたしにはこの感覚がありませんでした。

 

わたしに害をなした人の多くもそうであったように思えます。

 

・・・そしてわたしも自覚なく人を傷つけたことが多々あると思います。

 

そうであるならば、やはり〝自分が何をしているか自覚がない人〟のことはあわれみ、同情して、可能であれば真実を話して改善の機会を得ることができるよう取り計らうことが必要なのではないでしょうか。

 

今までわたしに自覚なく害をなしてきた人たちをゆるそう、そしてわたしも今後は自覚なく人を傷つけぬように言動・行動の前には因果の行末をよく考えようと、あらためて決意した今日この頃でした。

 

合 掌

館山市・南房総市・鋸南町の葬儀会社「三和仏商(サンワコーポレーション)」

テーマ:
電話番号
0120-22-0163
受付時間
24時間受け付けております