メニュー

代表 長谷川のブログ

麦の種 - 新約聖書 『ヨハネによる福音書』より -


麦畑

あなたがたに言う。麦の種が地に落ちて死なないなら、それは一つのままで残る。だが、もしも死ぬなら、多くの実を結ぶ。自分の命に愛着する者は、それを滅ぼし、この世で自分の命を憎む者は、それを永遠の命にまで護ることとなる。

〔新約聖書 『ヨハネによる福音書』より〕

 

〝死〟を〝苦(くるしみ)〟に、〝命〟を〝楽(らく)〟に置き換えてみると、隠された意味が現われてくる一節です。

 

因果の行末をよく考えてみれば、自分が苦労しないよう、楽であるよう執着する人間は、結局は必要以上に苦労してしまうものであることがわかります。

 

・・・思い返せば昔のわたしもそうでした。

つい魔が差して〝目先の楽〟を取り、その場でやるべきものでも「面倒だ」と後回しにして、あとになって事態がもっと面倒なことに発展してしまい、いらぬ苦労をした経験が何度もあります。

 

逆に、面倒でも先のことを考えて手間をかけておいたことが、結局あとで自分を救ってくれた経験も。

 

これからも永遠の命(ほんとうの心の平安)のために、自分の命(目先の楽)を憎む者でありつづけようと、あらためて決意した今日この頃でした。

合 掌

館山市・南房総市・鋸南町の葬儀会社「三和仏商(サンワコーポレーション)」

テーマ:
電話番号
0120-22-0163
受付時間
24時間受け付けております