メニュー

ご葬儀に関するサービス

私ども三和仏商は安易に家族葬をおすすめいたしません!

一見、ご葬儀費用が圧縮され、安く済ませることができそうにみえる家族葬。まったくもって耳ざわりのよいお話ではございますが、
"うまい話には裏がある"ものです。
結論から申し上げますと、実態は安く済むどころか支出する総額が増えてしまうケースが多々あります。
原因は家族葬の特徴である、参列される本客の方と、ご会葬をされる方を締め出してしまうところ・・・すなわち、収入の部である〝御香典〟の大半をも締め出してしまい、ご葬儀費用のほとんどすべてを自己負担せざるをえなくなってしまうところにあります。
 
・・・そして、"最後のお別れ"をしたくてもできなかった知人や友人の皆様のお気持ちも後味の悪いものとなりますし、故人様もさみしいお気持ちになってしまうことでしょう。
 
このような理由から、私どもは基本的に家族葬をおすすめしておりません。
 
しかしながら、「参列してくれる人が本当にいないんだ」というお客様には、私どもも家族葬をおすすめしております。 実際には、はじめから御香典による収入が考えられないこのような場合のみ、家族葬の方が実際に経済的負担は少なくなります。
 
家族葬を無理に行う必要はありません。
そして家族葬を無理に行わない必要もありません。
・・・私どもは皆様に真実を知っていただきたいだけなのです。
 
三和仏商では、"収入の部がなくなってしまうという条件"を明示することのない、安易な家族葬をご案内することは決してありません。三和仏商では、"家族葬"と"一般葬"の双方を比較した後にご葬儀のスタイルをお考えいただく方式を採用しております。
どうぞ安心してご相談くださいませ。

一般葬と家族葬の違いは?

一般葬

地域の新聞(地方紙)などに死亡広告(葬儀日程等)を掲載し、近親者・血縁者以外の会葬も積極的に促す形態です。
パッと見の葬儀費用総額は大きいですが、香典収入は参列する本客様(近親者・血縁者)と一般会葬者様の双方から得ることができるため、規模が大きくなるほどご葬儀費用の自己負担率は低下します。
(【香典収入>返礼品とお料理のコスト】というバランスで返礼品・お料理をお選びいただいた場合)

家族葬

地方紙への死亡広告掲載などもってのほかであり、近親者・血縁者も参列が制限される場合があります。例外的に家族だけで慎ましやかに行いたいというニーズ(死因が自殺の場合等)もあるにはありますが、多くの場合、家族葬を希望される方の目的は葬儀費用の削減であります。
しかしながら、実態 は香典収入が激減(もしくは消滅)するため、パッと見の葬儀費用総額の小ささに対して、ご葬儀費用の自己負担率は跳ね上がってしまいます。
(【香典収入>返礼品とお料理のコスト】というバランスで返礼品・お料理をお選びいただく通常のご葬儀形態と比較した場合)

※コストダウンを考えた場合は概して香典収入のある一般葬形式が優位であり、コストダウンを求めているお客様に対して、本客様(近親者・血縁者)と一般会葬者様の有無も聞かずにいたずらに家族葬形式をおすすめすることは、葬儀社としてお客様の本来の目的に反した真逆の手段を提案していると言えるでしょう。

電話番号
0120-22-0163
受付時間
24時間受け付けております